土地を放置しない

自分で経営する駐車場について

駐車場を経営する場合、駐車場を経営している企業に委託することがほとんどです。そういった企業は駐車場経営のノウハウがありますから、価格の設定や施工に関する手続きなど、全てをスムーズに行ってくれます。しかしながら最近では、個人で駐車場経営をする人が増えています。個人で経営する場合、それほど広い土地は必要ありません。少し余った土地あっても駐車場管理システムを導入すれば、駐車場として機能させることができるのです。例えば、コインパーキングの器具を施工するだけでよいのです。後は管理会社に委託してしまうか、自分で管理するか予算等から決めてください。このようにすれば、駐車場経営を副業あるいは本業にすることができます。

土地活用の変遷について

利用していない土地をどのように活用するのかという事は時代の移り変わりによって変わってきます。最近のトレンドとしては、余った土地を駐車場に活用する例があります。駐車場として余った土地を利用すれば、そこから収入を得ることも可能です。一旦施工してしまえばその後のメンテナンスを行うだけで良いのです。その点、他の事業等と比べてあまり手間がかからない事業として知られています。して、最近の駐車場不足という現状も相まって、事業として始める人が増えているのです。まずは、施工業者に連絡を取り、様々な話を聞いてみると良いでしょう。自分が所有している土地を活用するのか、他の土地を賃貸して施工するのかなど、詳細を打ち合わせるようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加