利益を得よう

不動産経営も事業の一つ

大手私鉄では、鉄道事業だけでなくそれに関係した様々な事業を行ってきた歴史的経緯があります。具体例として、沿線に小売店を出店したり住宅地などを作って提供してきたことを挙げることができます。また大手鉄道会社が登場する前までは、大手私鉄が主にこのようなことをしていたのです。 しかし最近では大手鉄道会社においても、鉄道業以外にもそれに関連した事業を始めてきています。その中の一つに、不動産業を営む子会社を設置して、その会社にマンション経営をさせています。マンション経営に必要なその集合住宅は、かつて大手鉄道会社の社宅が立地していたところでした。 大手鉄道会社は保有していた社宅が建っていたところに、マンションを建築したのです。このようにして、子会社を介してマンション経営をするようになり、売り上げが増えるようにしたのです。

マンション経営の将来について

現在大手私鉄及び大手鉄道会社では、関連会社や子会社を通じてマンション経営を行っています。この先大手私鉄と大手鉄道会社によるマンション経営は、さらに続くと予測することができます。同時に様々なシーンにおいても、そのような光景を目の当たりにする機会が登場してくるでしょう。 例えば、新たな街づくりで大手私鉄あるいは大手鉄道会社がマンション経営という形で参加する可能性があります。このとき大手私鉄あるいは大手鉄道会社は関連会社や子会社を通じて駅の近くあるいは直情に集合住宅を建てます。 そして「駅が近いあるいは駅はすぐそこ」というキャッチフレーズで入居者を募集するでしょう。このようにして、大手私鉄あるいは大手鉄道会社は街づくりの一員として歩んでいくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加